介護ソフトを選ぶ

介護ソフトは、介護を行う人の声を反映し、現場や事務作業の負担を減らすことに非常に有効です。介護ソフトによって、搭載されている機能は様々です。導入を行う際には、どのような機能が必要か考えてソフトを選ぶという必要があります。介護保険の請求だけに特化したソフトもあれば、介護計画を立てる際やサービス実績を登録できるようなものもあります。事業所によって必要な機能は異なるので、よく調べて購入を行うことが大切です。なお、利用できる機能が多ければ多いほど、ソフトの利用金額が高くなるという傾向があります。利用する機能を絞ることが、効率よくコストを下げるポイントです。

訪問介護等や通所介護を行っている事業所の場合、計画書やモニタリングの機能があると、非常に便利です。また、介護者の介護保険情報や支払い方法、契約家族の情報等も一緒に登録を行うことができます。利用者の情報データ移行ができることもあります。また、介護ソフトは介護h権や保険外の料金、サービス提供についても一つの画面で確認出来るということがあります。一気に確認できるので、非常に便利です。介護ソフトに付いている機能で一番一般的なのが、請求や売上管理です。顧客に請求する分についても管理できますが、事業所のグループやエリア、営業所等に応じて売上や請求を行うことができます。パスワード等で権限管理や制限を行うことができるので、セキュリティの面から見ても安心して使うことができます。請求書の作成も行えるほか、多くの利用者にわかりやすいように必要な箇所は大きくシンプルに表示されています。実際に多くの事業所が介護ソフトを利用して請求書を作成しています。